コバのシステムトレード構築日記(IB証券、トレステ、Dukascopy他)

IB証券/DukascopyとのAPI接続ナレッジや、トレステなど

EasyLanguageの最初の作業:マルチチャートの色の変更

Easyと言われてさっぱり解らないという微妙なプレッシャーで日々悶々としています。

昨日の朝もいつものように起動不具合のトレステかと思ったら、昨晩終了時にマルチチャートを閉じた状態で終了させていたおかげか、何事も問題なく一発で起動しました。時間かかるけど。

今週はマルチチャートのワークスペースを閉じてからトレステ終了というのを続けてみます。

 

EL開発環境で、まずピンと来ないのが何を開いて何を保存してどうしておけばどうなるのかという基本的なところが見つけられず悶々としていたわけです。Javaで言えば、javaファイルでコード書いてclassファイル生成して、実行形式に応じてアーカイブして配布して動くようにシェルなりアプリケーションサーバでコンフィグかけるみたいな。VisualStudio系ならビルドしてコンパイルして配布みたいな。

 

 ELだと、EL環境起動してとりあえず、ファイル(F)、開く(O)、分析タイプを選択(A)、アプリケーションを選び、MultiChartを開いて、application colors and fontsとあるあたりをぐりぐりと適当に修正して、保存して、構築する(B)、検証(V)もしくは F3キーを押すと、マルチチャートの色合いが変更されてハッピーになれます。

ほぼ見えない濃い青のフォントをどう修正すれば良いのか謎のままですが、その他周辺の色合いを変えて見やすくできます。こんな感じ。//を入れればコメントになります。

f:id:koba_tradestation:20161025023910j:plain

//--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
//    application colors and fonts
//--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
method void InitColorsAndFonts()
begin
    //clrBackground = Color.FromArgb(71, 78, 87); --> チャートの背後のウィンドウ背景
    clrBackground = Color.FromArgb(71, 78, 87);
    //clrButtonsBackground = Color.FromArgb(22, 39, 53); --> 左上のボタンの背景
    clrButtonsBackground = Color.FromArgb(22, 39, 53);
    //clrButtonsText = Color.FromArgb(182, 190, 194); --> 銘柄名、時刻、出来高数量など
    clrButtonsText = Color.FromArgb(182, 190, 194);
    //clrTileBackground = Color.FromArgb(27, 32, 37); --> 背景
    clrTileBackground = Color.FromArgb(127, 132, 137);
    //clrSymbolText = Color.FromArgb(255, 255, 255); --> 銘柄コードの部分
    clrSymbolText = Color.FromArgb(255, 255, 255);
    //clrDarkGray = Color.FromArgb(182, 190, 194); -->出来高部分の色
    clrDarkGray = Color.FromArgb(82, 190, 194);
    
    fntButtons = Font.Create(FONT_FAMILY, 10);
    fntSymbol = Font.Create(FONT_FAMILY, 12, FontStyle.Bold);
end;

 

3原色指定を3つの数字で指定するので適当に好みで変更できます。チャート背景と出来高の棒グラフの色を変えてます。

 

ついでに、構築する(B)、すべてを検証(F)を実行したら、すべての既存EL関連がビルドされるので、なんとなくどういう構成でどう作っていけば良いかシステム系の人なら解るのでは無いかと感じました。これであと一〇年は戦えるかもしれない。